体験風景の記事 (1/21)

体験風景101

今年の夏は暑い!!

いつもなら港は涼しい風が吹くので、近所の人が涼みにやってくるのですが、今年は朝も早くから熱風が吹くので、だーれもいません(汗
空気が煮えるようです。これは倒れる方がいるのも納得という感じ。
皆様も熱中症にはお気をつけください。

さて、3月の末以来、数か月ぶりに漁業体験の様子を載せてみます。
6月下旬から受け入れを再開していますが、月に2、3回実施するくらいです。
もう夏休みも終わりましたし、今年はずっとこんな感じかな、と予想しています。

こちらはカツオの藁焼きタタキ体験
DSCF2117.jpg
テレビなどでよく見る光景ですね^^
3密を避けて、屋内での漁具づくり体験の代わりに、こちらを行なっています。
焼きたてをつまみ食いしてから、いつもの乗船体験に出ます。

夏はカニかご漁体験がメインです。
DSCF2118.jpg

この日はワタリガニイシガニが獲れました。
お昼ごはんのおかずゲットです。
DSCF2119.jpg
本当はもっとたくさん獲れたのですが、お腹に卵を持っていたので、放流させていただきました。
ちゃんと説明すると、子どもさんも積極的に逃がしてくれるのでありがたいなーと思います。

ちなみに卵を持ってるカニはこんな感じ。
8-10-2.jpg
いっぱい増えるといいな~。

体験風景100

朝晩がずいぶんと暖かくなって、浜通りの桜がちらちらと咲き始めました。
例年なら近隣のお花見スポットにバスツアーがたくさん来る季節ですが、今年はひっそりしています。
高知県は感染者数が少ないとはいえ、やっぱりコロナウイルスの影響はすごいです。

上ノ加江(かみのかえ)の漁業体験も当分の間は団体様の受入れは中止のままとなります。
今のところ、ご家族連れなどの少人数は受入れを続けていますが、状況によってはこちらもどうなるか、という感じです。

さて、刺網(さしあみ)体験の様子です。
898.jpg
網にぐるぐる巻きになっているのは、伊勢えび

他にもが獲れました。
これはチヌ(クロダイ)です。
899.jpg

獲れたものはすぐに料理してお昼ごはんのおかずになります。
900.jpg
伊勢えびはお刺身になりました^^

体験風景99

日中は暖かくなってきましたが、朝晩はまだ冷え込みますね。
東京では桜が咲いたとか。ここ上ノ加江での開花はまだしばらく先になりそうです。

ここのところ新型コロナウイルスであちこち大騒ぎですね。
上ノ加江漁協でも、団体予約が全てキャンセル&受付停止になったりしてますが、個人のお客様の体験は平常通り実施しています。
興味のある方はお問い合わせください^^

さて、刺網(さしあみ)体験の様子です。
DSCF0812.jpg

獲れました~っ。こちらはタカノハダイです。
DSCF0808.jpg

他にもアイゴというと、クロアナゴが獲れました。
この日は磯(いそうお)がメインでした。
DSCF0815.jpg

獲れたはお昼ごはんにおかずとして出ます。
こちらはタカノハダイの唐揚げ。
3-30-3.jpg

たくさん獲れた場合はお持ち帰りもできますよ^^

体験風景98

朝、港に出てくると海が「もや」で真っ白です。
毎年これを見ると本格的な冬が来たな~と感じます。

さて刺網(さしあみ)体験の様子です。
8311.jpg
カゴの中に見えるのは大きなワタリガニ

そして伊勢えび
8312.jpg

カニは釜茹でに、伊勢えびはお刺身にします。
大漁の日はお昼ごはんがとっても豪華になります^^

体験風景97

朝夕がずいぶんと涼しくなってきました。
魚市場にいると昼間も上着が欲しい日があります。

今回ご紹介する漁業体験は、刺網(さしあみ)体験です。
6470.jpg
ぐるぐる巻きになってるのは、大きな伊勢えび!

しかもこの日は3尾も獲れました。
す、すごい・・・。
6471.jpg
魚は獲れても、伊勢えびは1尾も獲れないことがよくある刺網体験で3尾も・・・。

この獲れた伊勢えびは、お昼に全部食べてもよし、お持ち帰りしてもよし。
宅配便も可です^^
必要な箱や氷は漁協で販売しております。