2015年09月の記事 (1/1)

体験風景22

通年行っている漁業体験の仕掛け↓(かにカゴ)は、その名のとおり基本的にかにを狙うものです。
写真はワタリガニのオス。


しかしこのカゴには、かに以外の物もけっこう入ります。
↓子どもに人気の「やどかり」。ちなみに実寸大です。想像より大きいと皆さんに言われます。
yado.jpg

↓こちらは「コチ」という種類のお魚。
この子は体調10センチくらいですが、大きくなると30センチくらいになります。
唐揚げや、大きい物は刺身などで食べます。
kochi.jpg

↓あと、夏場にたまに入っているのがこれ。
タコは甲殻類が大好物なので、さっきの「やどかり」や、ワタリガニが入っているカゴに、後から侵入してきます。
そしてお目当ての物を食べたあと、器用にカゴから出ていきます
たまたまタコが居座っている時にカゴを引き上げると、お昼ご飯が一品増えてラッキー。
食い散らされたカニの甲羅だけが残っているのを引き上げた時は、非常に切ない気持ちになります、はい(笑
tako3.jpg
スポンサーサイト

体験風景21

漁業体験の基本的な仕掛けは、こういうカゴ↓(かにカゴ)ですが、


おまけとして、別のカゴ(スタッフの間での通称はロケット)も、一つ二つ仕掛けます。
こちらは魚類が入ることが多く、この日は……大きなアナゴが獲れました!
s-anago.jpg
s-DSCF0225.jpg
ハモのように骨切りをしないといけない種類なんですが、
から揚げや、蒲焼風にするととても美味しいです。