2016年02月の記事 (1/1)

体験風景28

真冬の寒さはだいぶ和らぎましたが、港の風はまだまだ冷たい日が続いています。
イセエビやカニはもう少し暖かくならないと動かないかなーという感じ。

先日の体験でも、やっぱりイセエビはかからず。
代わりに、こういう磯魚(いそうお)が獲れました。
hidari.jpg
上ノ加江の周辺では「ヒダリマキ」または単に「ヒダリ」と呼ばれる魚です。
正式には「タカノハダイ」だったかな?

この魚はちょっとクセがあるので、刺身は苦手な方が多い印象です。
そのクセがたまらないと言う通な方もいますが。

体験の参加者には小さな子供さんもいますし、食べやすく「唐揚げ」にします。
hidari2.jpg
鱗がついたまま、ぶつ切りにして、豪快に油の中へ。
花が咲くように開いた鱗がパリパリして美味しいです^^

オマケの写真。
suji.jpg
「ヒダリ」と一緒に網にかかってました。
たぶん「スジモヨウフグ」だと思います。ご覧のとおりメッチャ怒ってますが、なんとも愛嬌のある顔です。
スポンサーサイト