2016年06月の記事 (1/1)

体験風景36

カニは普段、海底の砂に潜っています。
なのでカニかご漁で獲れたカニは、甲羅が泥だらけ。

そのまま茹でると、黒ずんだシミが出来ます。
というわけで、お客様には自分で獲ったカニを、タワシで洗って頂いています
8-24.jpg

きれいに洗うと、茹で上がりもこんなふうに真っ赤で美味しそう。
8-24-2.jpg
まあ、甲羅は食べないのですが(笑)、やっぱりピカピカな方が食欲がわきますね。
スポンサーサイト

体験風景35

梅雨です。
ここ上ノ加江(かみのかえ)も毎日のように雨です。
でも今日はカラッと晴れ上がったいいお天気。
5-2-2.jpg

さてさて、本日も漁業体験の風景を。
今の時期はカニかご漁がメインです。
5-2.jpg

この日はこんなカニが獲れました。
5-2-1.jpg
これはイシガニといって、ワタリガニと比べると甲羅が少し硬め。
かにカゴで主に獲れるのはワタリガニですが、実はこういった他のカニもけっこう獲れます。
もちろんこれもお昼ごはんになります^^

体験風景34

漁体験の模様をよく記事に載せていますが、実は漁に行く前に、陸上でもロープワーク体験をして頂いています。

これは定石(ていし)と呼ばれる漁具を作っているところ。
ks2.jpg
定石は延縄(はえなわ)漁業で、仕掛けを海へ沈める時に使うおもりです。
現代は既製品のおもりが多々ありますが、そういった物がない時代から長く作られてきた道具で、今でも実際に使われています。

完成したらこんな感じ。
ks1.jpg
自分で作った定石はお持ち帰り頂けます。
飾ってくださっている方が多いようですが、夏休みに来た子どもさんが自由研究に提出したという話も聞きました。
たしかに研究資料になるかもしれないですね。なにせ漁師直伝ですから(笑)。