2017年07月の記事 (1/1)

体験風景56

毎日暑いですね。
上ノ加江(かみのかえ)では夕方になると雷と共に雨が降る日が多くて、夏真っ盛りといった感じ。

写真はこのブログではもう、おなじみのカニかご漁です。
7-2-1.jpg
この季節はカニの動きが活発で、さらにカニをエサにする生き物の動きも活発になります。

それがコチラ。
7-2-2.jpg
大きなタコです。
毎年、夏になるとタコがカニを食べに、カゴへ入ってくるようになります。

もちろん毎回獲れるワケではありませんが、獲れたお客様はお昼ごはんのメニューが増えてラッキー^^
ちなみにタコ刺しでお出ししています。
スポンサーサイト

体験風景55

上ノ加江で行っている漁師体験は、いつもご紹介している漁体験だけでなく、陸上でのロープワークや漁具づくり体験などもメニューの中に入っています。

写真は「定石(ていし)作り」の風景。
14-7-21.jpg
この定石は手のひらサイズの丸い石を紐で結び、延縄(はえなわ)漁業のおもりとして使います。
今は漁具商店で金属製のおもりが売られていますが、コスト削減やエコ(海に落ちてしまっても石なら大丈夫)ということもあって、今でも現役で使われている道具です。

完成品がこちら。
14-7-22.jpg
作った定石はお土産としてお持ち帰りいただけます。
本来は漁具ですが、ペーパーウエイトや、夏場のすだれのおもりに使っているという話をお客様からよく聞きます^^